検索

都内で新たに開講される一般向けバスク語講座


 日本でバスク語を学びたい、という方にとっての朗報です。今年の4月から、東京外国語大学のオープンアカデミーで、「バスク語(初級I)とバスクの社会・文化」講座が新たに開講されます(全15回)。場所は、同大学の本郷サテライト(文京区)です。この一般向け講座は、秋以降も「バスク語(初級Ⅱ)とバスクの社会・文化」として継続される予定です。内容の詳細と申込み受付(2月20日〜3月13日)は、こちらのウェブサイトから可能です。