検索

バスク関連Booksコーナー


 最近、日本のメディアを賑わしている、バスクのガストロノミー文化ですが、今回ご紹介する新刊本は、『美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ』(イカロス出版株式会社)。

 著者の金栗里香氏は、バスク自治州のイルン市に住み、アテンド通訳に従事されるかたわら、ブログ等を通してバスク関連情報を精力的に発信されている方です。現地在住者の目を通して、「美食」をキーワードに、その背景にあるバスク文化や、観光名所を、スペイン領だけでなくフランス領バスク地方まで、豊富な写真とともに、多岐にわたり紹介してくれます。近年日本で出版されたバスク案内本の中でも、秀逸の出来ではないかと思います。

 現地旅行に携帯して行くにはちょっと大きめの本かもしれませんが、重量は抑えてある書籍ですので、ガイドブックとして重宝すること間違いないでしょう。